読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

React NativeでiOSアプリをビルド

概要

React Nativeが公開された際に一度動かしてから触っていないので、改めてReact Nativeプロジェクトの作成から、ビルドしてiOSシミュレーターで表示するまでをやってみたのでメモ。

ReactNateiveを利用する準備

公式サイトのGetting Startedを読み、必要なライブラリやツールをインストールする。

Node.jsのインストール

Homebrewで入れるよう指示があるが、nodebrewnvmでインストールするほうがバージョンを簡単に切り替えられるのでおすすめ。

Watchmanのインストール

Watchmanをインストール。ReactNativeプロジェクトのファイルの変更を監視するために使うらしい。

$ brew install watchman

React Native CLIのインストール

$ npm install -g react-native-cli

React Nativeプロジェクトの作成

チュートリアルどおりにプロジェクトを作成

$ react-native init AwesomeProject
$ cd AwesomeProject
$ react-native run-ios

エラーの発生

react-native run-ios実行時に以下のエラーが発生。

Print: Entry, ":CFBundleIdentifier", Does Not Exist

CFBundleIdentifier Does Not Existで検索すると以下のページがトップにくる。

qiita.com

この方法を試したが改善されなかった。

brew upgradeでwatchmanを最新に更新。状況変わらず。

以下を試したが改善せず。

github.com

macOSのアップグレード

macOSのバージョンがyosemite、Xcodeが7.2という環境だったので、OSをSierraアップグレードし、Xcodeを8.2.1にアップデートした。

その結果上手くビルドできた。

f:id:horie1024:20170126201535p:plain